阪神「久寿川」駅より徒歩約8分・阪急阪神「今津」徒歩約10分、西宮市今津山中町の整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科「にし整形外科」です。

診療のご案内

診療のご案内イメージ画像

診療科目

  • 整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科

こんな症状はありませんか?

  • 首の痛みやしびれ
  • 肩の痛み
  • 腰の痛み
  • 手首の痛みやしびれ
  • 股関節の痛み
  • ひざの痛み
  • 足の痛み
  • 足の親指が変形

整形外科について

整形外科イメージ画像骨、関節、靭帯、末梢神経、筋肉などのいわゆる「運動器」といわれるものに関わる病気やケガを治療する診療科です。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元の状態に回復させることを目標としています。また、当院では治療だけでなく、予防にも力を入れおります。ささいな症状や、お身体の悩みについて、どんなことでもお気軽にご相談ください。治療も予防も、早ければ早いほど有効です。

<対象となる主な症状・疾患>

切り傷・擦り傷・骨折・脱臼・捻挫などの外傷
関節や筋肉・腱など体の痛み(肩こり、腰痛、膝痛など)
脊椎脊髄疾患(椎間板ヘルニア、頚椎症、腰部脊柱管狭窄症など)
痛風
スポーツ障害
骨粗鬆症

●骨粗鬆症について

DXA(デキサ)X線骨密度測定装置イメージ画像骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、骨の強さや骨質が低下することにより、骨がもろくなる症状のことです。骨粗鬆症は自覚症状がないままのケースが多く、特に高齢者の場合は転倒して骨折などに至るケースが多く見られます。
当院ではDXA(デキサ)法と呼ばれる、精密な検査が可能な骨密度測定装置を導入しております。骨折の頻度の高い、腰・大腿骨の正確な骨密度を測定しエビデンス(医学的根拠)の高い骨粗鬆症治療を行っております。症状が見られる場合は食生活や運動などの生活習慣を見直すことにより改善を図っていきます。

院長より

高齢化社会を迎え、健康寿命と本来の寿命をできるだけ近づけることが整形外科の役割の一つと考えています。
骨粗鬆症が原因で骨折する可能性のある代表的な部位は、橈骨遠位、上腕近位、下位胸椎から上位腰椎 大腿骨頚部でなどでありますが、著しく活動性が制限されて、長期の入院や手術の可能性が高いのは腰椎と大腿骨頚部顆部であり、その骨密度を正確に測定する必要があると考えます。
当院では最も正確な骨密度測定器(DXA)を使用して骨密度を測定いたします。YAM値(若年平均値)70%以下で骨粗鬆症と診断されますが、治療が必要と判断すれば、費用対効果を十分に説明し内服、注射を提案いたします。
現在最も医学的根拠(エビデンス)のある治療はテリパラチドの注射であり、この注射をきちんと打てば骨密度が1年半から2年で平均10%程度上昇するというデータがあります。

運動は骨折予防に有効か

閉経後女性において、骨密度維持上昇には荷重や筋力が重要であることを説明し、適切な運動は大腿骨近位部および腰椎の骨密度を上昇させます。運動(有酸素運動)することにより、腰椎骨密度が1.79%、ウォーキングより腰椎、大腿骨骨密度は1.31%,0.92%上昇するとされています。特に椎体骨折を行った患者様に背筋の強化を理学療法士が指導を行っています。

●腰の神経根ブロック注射について

神経根ブロック注射とは、身体の痛みを和らげるために、背骨の神経の根元にある神経根に麻酔薬を注射します。痛みの元となっている神経の近くに直接注射をするため、他のブロック注射よりも効果が期待できます。レントゲンで体の内部を透かしながら注射を行います。

レントゲン画像をリアルタイムで確認しながら正確に注射を行います。

適応となる主な疾患

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、根性神経痛、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、上肢・胸部の反射性交換神経性萎縮症、頸部・上肢・胸部の術後痛、腰下肢痛(神経根症状を有するもの)

院長より

私は大学他で脊椎疾患、特に腰椎を中心に勉強、治療を行ってきました。
その中で最も多いとされている腰部脊柱管狭窄症による症状が認められている患者様は65万人いると推定されています。
腰が痛い、坐骨神経痛でふともも、ふくらはぎが痛い、足がしびれるけれども手術を考えるほどでもない、合併症があって手術ができないけどなんとかしたという症状をお持ちの患者様がブロック注射の良い適応ではないかと考えています。
腰椎の神経根症を起こす神経根はL5>S1、L4の神経根の頻度が高く、しっかりと身体所見(大腿下腿前面か後面かなど痛みの部位 反射 運動など)とレントゲン、MRIの画像所見を確認したとで、レントゲンで確認しながら腰椎の適切な神経に仙骨硬膜外ブロック、神経根ブロックと呼ばれる注射を当院で行っています。

●膝(ひざ)の関節注射について

膝の関節注射当院では、痛みの少ない可能な限り細い針を使用して、関節注射を行っております。膝関節の痛みなどでお悩みの方、注射が痛みが苦手な方など、お気軽にご相談ください。

●超音波骨折治療法について

超音波骨折治療法について骨折部位に低出力の超音波を断続的に照射することで、通常より骨癒合の期間が短縮される治療法です(最大で約4割短縮されます)。仕事や運動に早期に復帰することが可能となります。当院では「アクセラス」という機器を導入しております。青少年の疲労骨折にも応用しています。

●足の外科

足の外科 診療日程:毎週木曜日 午後
当院では靴の足底板(インソール)の製作が可能です。足のアーチの崩れが足の変形を引き起こすとされています。外反母趾や扁平足など、足の症状にあわせて専門の装具士が、精密な測定と問診を行いながら患者さまにあった足底板を製作します。保険適用となります。

リウマチ科について

リウマチ科イメージ画像関節リウマチなどのリウマチ性疾患の診療を行う診療科目です。関節痛、腰痛、肩こり、しびれ、手足のこわばり、疲れやすい等の何気ない症状が、リウマチの初期症状である可能性があります。症状が重くなると治療にも時間がかかります。先述のような症状がございましたら、ぜひお早めにご来院ください。

<対象となる主な疾患>

関節リウマチ
リウマチ性多発筋痛症など

●関節リウマチについて

関節リウマチとは、免疫異常により引き起こされた慢性炎症によって関節が破壊される疾患です。また、さまざまな関節外症状や合併症が生じます。身近な難病ですが、早期に発見、適切な診断・治療介入を行えば進行を抑制できるようになりました。病態に応じた治療薬選択・治療ストラテジーが大切です。
関節リウマチ治療は、関節病変だけでなく合併症や薬剤の副作用を十分考慮し、患者さんと話し合いながら治療方針を決めて行うことが重要です。リウマトイド因子や抗CCP抗体は、関節リウマチの診断や病態を把握するうえで有効です。また、メトトレキサートや生物学的製剤などにより関節リウマチをコントロールすることが、合併病態の出現抑制につながります。特に呼吸器合併症を有する患者さんでは、病態に応じた関節リウマチ治療が大切です。

●痛風について

痛風は、尿酸という物質が関節の中で固まって結晶になるために起こる関節炎を主な症状とする疾患です。痛風による関節炎(痛風関節炎)は急激に発症することが多く「痛風発作」と呼ばれます。食生活や運動習慣の改善によって症状の軽減を図るほか、症状に応じて薬物による治療も行います。尿酸値は急激に下げると発作を起こすためゆっくりと下げて行くことが大切になってきます

リハビリテーション科について

当院では常勤の理学療法士によるリハビリテーションをお受けいただけます

リハビリテーション科イメージ画像当院では、さまざまな設備・器具と専門スタッフ(理学療法士の有資格者)によるリハビリテーションを受けていただくことが可能です。 医師の指示により、治癒・回復の促進や、患者様の日常生活上で困っておられること(歩きにくい、肩があがらない等)に対して症状に応じた個別訓練をいたします。

リハビリテーション設備の紹介はこちら

交通事故治療について

交通事故に遭われた場合は、直後に痛みや症状がなくても、後日症状が現れることがあります。事故後できるだけ早期に受診いただくことで、症状の軽減や慢性化を防ぐことが可能です。診断書の作成も可能です。

当院でできる検査

  • X線検査(レントゲン)
  • 超音波検査(エコー)
  • 骨密度検査※
  • 血液検査

※骨密度検査…DXA(デキサ)法を用いたX線骨密度測定

クリニック情報

Information

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
16:00~19:00

受付時間は、8:45からになります。 《診療時間外もできる限り対応させて頂きます》
▲…9:00~14:00

休診日水曜午後、土曜午後、日・祝祭日

クリニックのご案内

TEL:0798-36-4160

〒663-8211 兵庫県西宮市今津山中町12-25今津山中町ヒグチビル 1階

阪神本線「久寿川」駅より徒歩約8分
阪神本線、阪急今津線「今津」駅より
徒歩約10分
ダイエーグルメシティ向かい
初診予約
採用情報

アクセス

〒663-8211
兵庫県西宮市今津山中町12-25
今津山中町ヒグチビル 1階
阪神本線「久寿川」駅
より徒歩約8分
阪神本線、阪急今津線 「今津」駅
より徒歩約10分 ダイエーグルメシティ向かい
PAGETOP
Copyright © 2018 にし整形外科 All Rights Reserved.